2019年11月7日木曜日

アパレルの行く末と結婚記念日

これからのアパレルはどうなって行くのでしょうか。

8月に一番長いお付き合い(初めてお会いしてから33年!)のお取引先が閉店しました。

そのあと計5軒のお店から近々閉店予告の連絡が。。。

まだまだ予備軍もあるし。
以前から「消費税が上がったら」とか「東京オリンピックが終わったら」と仰ってる方が多くいらっしゃるので、再来年までに必ずまた何軒かは減るでしょうね。

先々は品揃えのSHOPはどんどん減って、資金力のあるメーカーの直営店ばかりになってしまう。
そうなると商品構成が画一的になり、面白みの無いユニクロみたいなとこが増えていくんだろうな。

でもこればっかりは止められない流れ。
お店も縫製工場も高齢化が進む中で後継者がいない。
いてもこの商売を継がせたくないという親心と、継ぎたくないという現実が交錯している。
作るところも減りメーカーも減る、売る店も減り人口が減るから買う人も減る。
まさに減る減る地獄(hell)!

暗くなるからやめよww



さて最近一番のイベントは結婚記念日でした。

平成1年11月1日に結婚して、30周年は令和1年11月1日で見事に1並び。
節目の真珠婚式、なんか特別嬉しかったな〜。

専門学校を卒業して就職したアパレルメーカーに、奥様はデザイナーとして他メーカーから引き抜かれてきました。
それからもう一つの会社を経て独立、出会ってから33年ずっと一緒に仕事をしています。

ディナーは最近話題になってる『焼鳥 今井』へ。
神宮前の有名店で、隣にトンカツ屋を開店したからメディアによく取り上げられています。
行きつけの『鳥久』は全然違う!どちらかというと『中目黒 いぐち』の大きいバージョンか。










機会があったらまた行ってみよう♬






1 件のコメント: